非接触温度計測のパイロメータ営業部

山里産業株式会社パイロメータ営業部

山里産業株式会社トップページ
045-438-1191
お問い合わせ

豆知識

第3回 応答時間について

放射温度計の応答時間は、測定対象からの赤外線エネルギーをシャッターなどで遮断した状態で、素早くシャッターを取り除いた時に、指示値が測定対象の温度に到達するまでの時間です。

正確には、到達する指示値を100%とした場合、その90%に到達する時間で定義しています。これをt90と表現しています。
ここでは、IN5+を例に取って説明します。 IN5+の応答時間は、最も早い設定で、t90=80msecです。 下の図では、t90=80msecと0.5secの場合の応答例を示します。

*

パラメータ設定によって、0.5sec、1sec、2secなど応答時間を大きくすることで、指示値を読み取り易くすることができます。

IN5+

山里産業からのお知らせ

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る